温度センサー熱機材

用途に応じた様々な測定方式の温度センサーを取り扱っております。

名称・外観 特徴
被覆熱電対

被覆熱電対

K・E・J・T各種熱電対の素線径0.1~1.0φには使用温度用途に応じて、エナメル・絹糸巻・PVC(ビニール)・フッ素樹脂(FEP)・ガラス絶縁被覆された素線があり、絶縁碍子や保護管の必要無く使用できます。
シース熱電対

シース熱電対

極細の耐熱金属保護管内に安定したセラミックを高圧充填した特殊熱電対です。
機密性が極めて高く、金属ガスや雰囲気ガスによる熱電対線への浸蝕を防ぐため寿命が長く、高温、高圧に耐え、温度変化に対する応答が速い特徴があります。

測温抵抗体

測温抵抗体

他の温度センサーを比較して高感度・高精度の測温が可能です。

補償導線

補償導線

熱電対の端子と基準接点の間に接続し、端子の温度変化によって起こる誤差を補償します。
薄膜熱電対

薄膜熱電対

世界最薄レベルの温度センサー。
厚み10μm以下を実現。
これまで、数値シミュレーションによる予想でしか得られなかったサブミクロン領域の温度が、実際に計測できる熱電対です。
炉内温度分布検知リング
(PTCR)

炉内温度分布検知リング

炉内に設置することにより、簡便に炉内温度分布を確認できます。
※PTCR:Process Temperature Control Rings