熱産ヒートのソリューション

当社はお客様の課題やご要望に対し、創業以来培ってきた熱処理技術をもって、施工工事、装置機材の納入および炉の設計施工など様々な方法ソリューションを提供いたします。

加熱方法の最適化

熱産ヒートがご提供できる加熱ソリューションは大きく分けて3種×3パターン

現行の加熱に課題がある場合(バーナー加熱でのムラ・安全性等)、または現状加熱をしていないが各種効果を見込んで加熱工程を検討したい場合(温度制御・品質向上等)、など。
どんな加熱方法がいいのかわからない場合には、是非、熱産ヒートにご相談ください。

各加熱方法の主な特徴

高周波誘導加熱 電気抵抗加熱
(バーナー)
主な用途 焼抜/焼嵌・溶接前予熱/後熱・金型予熱・歪取り・金属組織微細化強化/延命化・塗膜剥離・ゴム剥離・接着剤等の硬化または溶解・鍛造・焼鈍・ボルト締め/弛緩・ロウ付け・曲げ 焼嵌・溶接前予熱・焼鈍・金型予熱・樹脂のバリ取り・曲げ・配管等の保温・接着剤等の硬化または溶解・プラスチック材の収縮 金属溶解・焼鈍・乾燥・鍛造・焼入・焼戻・陶芸・脱脂・焼結 各種予熱・ロウ付け・はんだ付け・焼抜/焼嵌・曲げ・接着剤等の剥離・歪取り
加熱
対象物
(材質)
金属(鉄・ステンレス・銅・真鍮・アルミ・チタン等)
炭素素材(カーボン・グラファイト)
※導電性材料に限る。また非磁性体は周波数選定が必要
ヒーター自体が発熱しワークに熱を伝えるので、ワークを選ばない 炉内部が高温になり、ワークに熱を伝えるので、ワークを選ばない 金属・樹脂
加熱
対象物
(形状)
コイル設計により幅広く対応 ヒーター選択、設計により、幅広く対応 炉の設計により、炉内に入るものであれば可能
弊社関連製品・
サービス
MULTI、HEARTS、MOBILE、iDuctor(※商用周波)
Sanricシリーズ(加熱装置)、
各種ヒーター
各種新設・
定期点検・
補修

熱産ヒートの電化・効率化・品質向上ソリューション事例

用途 ワーク 加熱場面 温度/時間 before-after効果
事例1
高周波加熱による
スピード加熱
ボルト鍛造 ボルト
Φ36×100
1200℃/約30秒 ●作業環境改善
●小ロット品への対応
●加熱時間の短縮
事例2
ヒーター予熱による
品質向上
金型予熱 自動車部品 100℃/約20分 ●金型の保護
●不良率低下
事例3
仮設炉による
お客様の要望に合わせた
受託実験
金属材料腐食研究 試験片
SUS304
4t×80×84
保持温度:1120℃
保持時間:10分
●設備購入NG又は実験後の購入をご検討のお客様の御要望を可能に
●データをまとめ、報告書作成まで可能