加熱トライアル〜試作・実証実験・評価〜

チャットイメージ

新規設備の導入、既存の生産工程・作業工程の改善、研究開発を
成功まで導きます

当社は、お客様が機器や設備を安心して導入するための事前実証試験や、研究開発に関する受託試験・共同研究試験等に数多くの実績があります。
当社工場での試験はもとより、お客様の生産現場に赴き、実際の条件下において実機や仮設炉を使用した試験も可能です。
秘密保持契約締結のご依頼にも対応します。

イメージ

主な試験目的例

  1. 新規設備・機器導入検討時の事前実証試験
  2. 既存設備・工程の改善検討時の実験・検証
  3. 生産・作業品質における問題点の検証テスト
  4. 新規開発案件の確認試験
  5. 特許出願研究(共同特許含む)試験
  6. 国及び地方自治体研究開発補助金対象設備、研究試験およびF.S.(フィージビリティ・スタディ)

加熱トライアル事例

加熱トライアル風景
イメージ

お客様の御希望に沿いながら加熱トライアルの体制を整えます。
様々な業界のお客様が試用し、加熱の方法や結果を確認後、弊社設備・機器類を導入されています。

ケース1:焼嵌実証テスト

対象ワーク リングギア
実験内容 ワークの対象箇所を2種類(電気抵抗加熱・高周波誘導加熱)の方法で加熱し、目標温度に達するまでの時間を計測、比較。
また、嵌めを想定し、目標温度に達した際のワークの内径を計測。

焼嵌対象テストイメージ

ケース2:目標温度に達するまでのタイムテスト

対象ワーク 金型
実験内容 ワークをFCPヒータで覆い加熱し、目標温度に到達するまでの時間を計測。また、到達時における他のポイントの温度も測定。

目標温度に達するまでのタイムテストイメージ

ケース3:温度分布テスト

対象ワーク 配管
実験内容 高周波誘導加熱にてワークに設けた2箇所の制御点を昇温。時間の経過とともに、他のポイントの温度も測定し、バラツキを確認。

温度分布テストイメージ

ケース4:断熱材比較テスト

実験内容 断熱材の機能比較のため、同じワークを各種断熱材で覆って加熱し、それぞれがどれだけ昇温するか計測。断熱性能を確認。

断熱材比較テストイメージ

当社所有技術

所有技術一覧

当社保有設備

  • 高周波誘導加熱装置
    5㎾ 30㎑
    10㎾ 200㎑
    20㎾ 1~5㎑
    30㎾ 11~22㎑
    40㎾ 1~5㎑
  • 電気抵抗加熱装置
    30㎾ 150A サイリスタ制御式温調器
  • 真空炉
    小型真空炉(アジア理化器製)
    中型真空炉(同和鉱業製)
    脱脂炉(エフシィエス製)
  • 小型電気炉
  • 仮設炉
  • バーナーテスト炉
  • プラズマ真空アーク放電装置
  • 真空アーク放電抜管装置
  • 高周波真空蒸着拡散接合設備
  • フェライト組織微細化用高周波加熱装置
  • ポータブルハンディ誘導加熱装置 iDuctor2
  • 熱風発生器
  • 熱電対溶接機
    熱電対溶接機 TWU-Ⅱ
    熱電対玉つくり溶接機 TC-ARC
  • 各種計測機器
    アナログ温度記録計
    デジタル温度記録計(データロガー)
    サーモグラフィ
    直流信号発生器 DCシグナルソース
    デジタルクランプオンパワーハイテスター
    温度ハイテスター
    LCRメーター
    漏れ電流/負荷電流測定用クランプメータ
    放射温度計
    デジタルオシロスコープ
    絶縁抵抗計メガテスター
    レーザー距離計
    デジタルトルクレンチ
    ダイヤル形トルクレンチ
  • 3Dプリンタ
    3D レーザー焼結プリンター(自社製)
    3D 熱溶融積層方式プリンター(Creality : CR-10S)
    3D 光造形方式プリンター(formlabs : Form 2/Form Wash/Form Cure)
  • 3D加工機
    3D モデリングマシン(Roland DG : MDX-50)


ご依頼から完了まで(例)

ご依頼から完了までの流れ