受託実験

新規設備の導入や研究開発を成功に導きます

当社は、新規設備を安心して導入するための事前実証試験や、研究開発に関する受託試験・共同研究試験等に数多くの実績があります。
お客様の生産現場に赴き、実際の生産条件下において実機や仮設炉による試験を行うことが可能です。
秘密保持契約締結のご依頼にも対応します。

主な試験目的例

  1. 新規設備検討の際の事前実証試験
  2. 新規開発案件の確認試験
  3. 特許出願研究(共同特許含む)試験
  4. 国及び地方自治体研究開発補助金対象設備、研究試験およびF.S.(フィージビリティ・スタディ)

当社所有技術

  • 熱計算・熱シミュレーション・温度計測・
    機器装置設計・製作・オペレート技術
  • 高周波誘導加熱
  • マイクロ波加熱
  • 電気抵抗加熱
  • プラズマ真空アーク放電
  • 高周波真空蒸着拡散接合

当社保有設備

高周波誘導加熱装置 20㎾ 1~5㎑(HEARTS Heater)
40㎾ 1~5㎑(HEARTS Heater)
20㎾ 11~22㎑(MULTI Heater)
30㎾ 11~22㎑(MULTI Heater)
80㎾ 11~22㎑(MULTI Heater)
10㎾ 200㎑(Eldec)
5㎾ 30㎑(MOBILE Heater)

※付帯設備として増幅トランス、マッチングトランス、コンデンサー、冷却水循環装置、真空容器等を所有しています。

マイクロ波加熱装置 1.5㎾(Max.4.5㎾可能)2450㎑
加熱有効寸法:600×600×600㎜
電気抵抗加熱装置 30㎾ 150A SCR電力調整器(1点式、3点式、6点式)
※各種加熱エレメント(ヒーター)及び温度制御機器所有
小型電気炉 500W×600H×500L(㎜)Max.1200℃
台車式電気炉 2000W×2000H×3000L(㎜)Max.800℃
プラズマ真空アーク
放電装置
酸化スケール等表面クリーニング処理及び塗装前処理対応
アーク放電加熱処理
真空アーク
放電抜管装置
主に非鉄金属のチューブの弛緩・抜管に適用
フェライト組織微細化用高周波加熱装置 材料のフェライト組織を微細化することにより、材料強度向上、溶接後熱影響部の疲労寿命の延命化や高強度化が求められる領域への適用
高周波真空蒸着拡散接合設備 ナノレベルの蒸着薄での合金蒸着が可能
(合金の種類についてはご相談下さい)
高周波通電抜管装置 比較的口径の大きなチューブの弛緩・抜管に適用
その他 各種計測機器、コンプレッサー、薄膜熱電対、熱電対溶接機、熱電対先端玉つくり溶接機、
その他熱関連機器

ご依頼から完了まで(例)

試験要求仕様のご提示

矢印

打合せ検討

矢印

試験方案及び試験費見積提出

矢印

詳細確認打合せ

矢印

試験ご依頼(ご下命)

矢印

ご依頼先(もしくは当社)にて試験実施

矢印

報告書及びデータ提出